L’Allure~ラリュー~へお越しいただきありがとうございます。

当店はTOPページにもありますように、
「女性なら、美しさとキュートな面をいつまでも持っていたい!」
をコンセプトに、ちょっぴり本物のおしゃれをしたいという方に、お届けしたい商品をセレクトいたしました。
また、お客様や会員様のお声を大事にしていきたいと思っております。
ご購入される方も、ご購入されなくてもおしゃれをしたい方は、まずは会員登録をお勧めします。


会員になると、
★ご購入時に使える500ポイントをプレゼント!
★お買得情報や新製品のお知らせが受け取れます。



皆さんと一緒に、女子力UPのために一方通行じゃないSHOPを目指してまいりますので、よろしくお願いいたします。




当ショップのサイズ表記は下記の図に従って、採寸しております。

ご参考にしてくださいね♪




このたびはお買上げいただき、誠にありがとうございます。
安心して長くお使い頂く為にご使用前に必ずこの「皮革製品の取扱について」をお読みいただくよう、お願いいたします。

製品購入後、出来るだけ早い段階で皮革用防水スプレーにて、製品全体の保護をお勧めします。

防水スプレーをかけることによって、雨・油汚れ・ホコリなどが革の繊維に入り込むことを防ぐと同時に、
表面に付いた簡単な汚れが落としやすくなる効果があります。
※革の種類によりましてはシミや色落ちする素材もございます。
 必ず、ご使用前に目立たない部分でテストしてからご使用ください。
 防水スプレーには、「皮革用」「衣類・布用」「金属用」がありますのでご注意ください。

○すべての製品についてのご注意
■水やお湯での丸洗いは絶対におやめください。
■高温な場所や直射日光に当てたり、シンナー・ベンジン等を使用しますと、変色・退色・変形の原因となりますのでご注意ください。
■雨や水に濡れると、色落ち・シミの原因になり衣服などを汚すことがあります。
■高温・多湿で長時間放置すると、カビや金属部のサビの原因となりますので温度・湿度の低い通気性の良い場所に保管してください。
■合成皮革・塩ビレザー(P.V.C)等の異素材と密着して保管すると、色移りの原因となりますのでおやめください。
■磁気式留め金具を使用した製品は、自動改札用の切符・定期券・キャッシュカードなどを留め金具に近づけると磁気の影響により
 使用不能となることがありますのでご注意ください。
■目的に合わせて用途や機能性などを考え製作されておりますので、目的以外のご使用は避けてください。

○天然皮革製品
 一般的な皮革(牛革・豚革・馬革・羊革・山羊革など)
■革は水分に大変弱く、シミ・色ムラ・水ぶくれの原因となります。多少の色落ち・色移りがありますのでご注意ください。
 もし雨や水に濡らした場合は、すばやく乾いたやわらかい布で水気を取り、形を整えて必ず陰干ししてください。
 濡れた革は熱に弱いため、高温に近づけないでください。
■軽い汚れは、乾いたやわらかい布で乾拭きしてください。
■高温・多湿の状態で保存しますとカビの原因となりますので、通気性のある布などに包み、風通しの良い場所に保管してください。
■他の革製品やビニール素材と密着して長時間保管しますと、色移りの原因となりますのでご注意ください。
■お手入れには必ず素材に合った専用クリーナー・保革クリームをご使用ください。

○仕上げによる皮革製品
a.起毛革(ヌバック・スエード・ベロア)
■起毛素材の性質上、色落ちや毛落ちが避けられません。この素材は特に水気を嫌います。
 水に濡れますと、シミとなり色落ち・色ムラが生じ衣服を汚す場合がありますのでご注意ください。
■汚れは、消しゴムで軽く擦るようにして落とすのがコツです。
 あまり強く擦ると、そこだけ白くなりますからご注意ください。
■毛がなくなったり、光ったりしてきたらブラシで起毛させます。
 ナイロンの毛のブラシでブラッシングすればほこりは落ち、毛足も美しく揃います。
■また一般の皮革製品用のクリーナー・クリームのご使用はお避けください。

b.樹脂仕上げ革(エナメル・ガラス張り革)
■表面の光沢を維持するためにもお手入れは手袋をお勧めします。
 一般の皮革より水に強いので、汚れはやわらかい布を湿らせて拭きます。
 硬い布・紙等で拭きますと、傷がつきますのでご注意ください。
■エナメル皮革は暑さに弱く、温度の高いところに保管していると表面がベタつくことがあります。
 また極寒などではひび割れすることもある素材ですので、保革・汚れ落とし・ツヤ出しをおこなってください。
■保管する時は、紙やビニールは避け、やわらかい布で包んでください。
 ビニール素材や樹脂加工されたもの(ゴムなど)と直接密着して保管しますと色移りする場合がありますのでご注意ください。

※革のバッグは非常にデリケートなものだからこそ、素材に合わせた正しいお手入れ・保管方法が重要です。

             お客様だけのお気に入りの革バッグを大切にお使いください。